【最新情報あり】ドラえもんの劇場版映画、2018年は「のび太の宝島」だってさ!

※動画の配信状況は本記事の執筆時の情報です。現時点での情報は公式サイトでご確認ください。

ドラえもんの劇場版映画を毎年楽しみにしている方も多いことでしょう。

公開されるたびに大人まで熱くなって、いろんなところで感想を言いたくなりますよね。(笑)

そんなドラえもん映画、2018年は【のび太の宝島】です。
まだ公開はずっと先ですが、内容をちょこっとチェックしてみましょう!

⇒ドラえもんが見放題になっている動画配信サービスはこちら

2018年劇場版映画は”のび太の宝島”

このタイミングで宝島とは、またベタなテーマですね。(笑)

ですが、それだけ王道のテーマですから内容にも期待しちゃいます。

■予告編①

■特報(歌:星野源・脚本:川村元気・ゲスト声優:大泉洋)

■予告編②

⇒随時追記している最新情報はこちらから

一時期は”のび太の南海大冒険”のリメイクか?!なんて噂もありましたが、蓋を開けてみれば完全オリジナルストーリー。

よく考えれば南海大冒険は藤子・F・不二雄の作品ではないので、元々リメイクの可能性は低かったかもしれません。

映画ドラえもん のび太の南海大冒険【映画ドラえもん30周年記念・期間限定生産商品】 [DVD]
映画ドラえもん のび太の南海大冒険【映画ドラえもん30周年記念・期間限定生産商品】 [DVD]
Amazon詳細ページへ

モチーフは超有名な海洋冒険小説、”宝島”。

しかも脚本は、社会現象にまでなった”君の名は。”のプロデューサーである川村元気さんです。

王道のテーマを話題のスタッフで作るということで、今からオモシロそうな予感がしますね。

公開日は2018年3月3日に決定しています。

映画について

そんな感じで公開への期待が高まるばかりですが、映画についての情報を事前にチェックしておきましょう!

追記1:前売り券の発売日と特典が決定!

前売り券の発売は2017年12月9日(土)に決定しました。

そして前売り券の料金はこちら。

一般 1400円
小人(高中小幼) 800円
親子ペア券 2100円

いつも通りの設定ですね。

気になる前売り特典はこちら。

ドラえもん2018前売り特典
出展:公式サイトより

なんかゴージャス。(笑)

前売り特典は「お宝ドラ」というその名のとおり、お宝のように神々しく光るドラえもんの人形でした。

劇場窓口にて購入可能、チケット1枚につき1個もらえるそうです。(親子ペア券なら2個)

そして見た人みんながもらえる入場者特典はこちら。

映画2018入場者特典
出展:公式サイトより

水陸両用の走るおもちゃみたいです。

お風呂なんかで遊んでもオモシロそうですね。

追記2:上映予定の映画館情報

劇場版ドラえもんのび太の宝島が上映される予定の映画館が告知されています。

近隣の映画館を探すなら東宝公式サイトが便利です。

⇒映画ドラえもん のび太の宝島 シアターリスト

追記3:ゲスト声優で大泉洋さんが出演

のび太たちを襲う海賊船の船長キャプテン・シルバーという重要な役どころに、大泉洋さんがゲスト声優として出演されることが決まりました。

このオファーがあってから、大泉洋さんは6歳の娘さんに「パパ、ドラえもんに出てほしい?」と聞いたんだとか。

いいですねぇ、こんなことを子供に聞ける父親はなかなかいません。(笑)

羨ましい!

追記4:テーマ曲を星野源さんが担当

これはちょっと予想通りか?!(笑)

昨年の大ヒットが記憶に新しい星野源さんですから「もしかしたら・・・」と思っていた方もいたんじゃないでしょうか。

脚本も「君の名は。」の川村元気さんなので、まさに旬なスタッフ総動員って感じです。

星野源さんは主題歌と挿入歌の2曲を担当されるみたいです。

もちろんこの映画のために書き下ろした新曲!

どんなストーリーかな?

小説”宝島”のストーリーはご存知の方も多いとは思いますが、ある少年がひょんなことから宝島への地図を手に入れて、そこから始まる海洋冒険もの。

様々なキャラクターが登場して、すったもんだありながらも宝島へ向かい宝を手に入れるというストーリー。

船の乗組員・・・といってもドラえもんのメンバーなのでしょうから例の5人組ですね。(笑)

小説では登場人物同士の人間模様が物語の肝になっていますが、その辺りはドラえもんのもっとも得意とするところでしょうから、ドラマチックな展開を期待してしまいますね。

予告編を見る限りでは、宝島はただの島じゃないようなので、単純な宝さがしではなさそうです。

未来的な何かが関係してるんでしょうか・・・。

前売り券はいつごろ発売?

映画を見に行くなら絶対にゲットしておきたいのが前売り券。

いつもは公開前年の年末、12月ごろに前売り券の販売が開始されます。

正式発表前なので予想の範囲を超えませんが、例年と同じだとするとこのような価格になるはず。

一般 1400円
小人 800円
親子ペア券 2100円

料金だけを見るとと映画館のサービスデーなどを利用するのもいいですが、前売り特典のオマケが貰えることを考えると、やっぱり前売り券を購入した方がよいのではないでしょうか。

前作、カチコチ大冒険の特典はこれでした。

カチコチ大冒険の前売り特典
出典:http://doraeiga.com/2017/news/

今回の特典は何でしょうね。

発表を楽しみに待っておきましょう。

キャンペーンも開催!

この映画に連動して、「きみの宝物イラストコンテスト」というキャンペーンが開催されています。

内容としてはオリジナルの宝物を考案してイラストや特徴を描くというもの。

優秀作品にはこのような驚きの特典が。

  • 映画のパンフレットに作品と名前が掲載される
  • オリジナルの宝物が入った特別ポスター
  • 3DSソフトに登場
  • わくわくスカイパークオリジナルグッズが貰える
  • ドラえもん声優陣のサイン入りポスターが貰える
  • ドラキッズオリジナルクリアファイル&フリクションいろえんぴつが貰える
  • ドラゼミオリジナルの収納ボックスが貰える

など。

一生の記念になるような特典も用意されてますね。

2018年1月9日(火)締め切りということなので、気になる方はお早めに!

⇒きみの宝物イラストコンテスト公式ページはこちら

まとめ

のび太の宝島、公開が待ち遠しいですね。

例年ですと3月の最初の週末から公開されますからそれまで楽しみにしていましょう。

最後に公開までの待ち遠しい期間にピッタリの動画配信サービスをご紹介します。

意外にもドラえもんを見放題で楽しめる動画配信サービスは数が少なく、私の知る限りではこのふたつが人気です。

dTV

月額500円の動画配信サービス、dTV。

ワンコインから楽しめるということで、利用者数も多いサービスとなっています。

本ページ執筆時(2017年12月1日)、ドラえもん関連の動画はテレビシリーズ48エピソードと、テレビスペシャル6作品が見放題作品として配信されていました。

利用料金 月額500円
動画本数 約120000
会員数 2016年500万人以上
無料お試し期間 31日間

公式サイト⇒dTV

Amazonプライムビデオ

個人的なおススメはこちらのAmazonプライムビデオです。

テレビシリーズだけでなく、劇場版映画も一部が見放題。

(私が確認した時点では2本。)

料金も破格といえる安さなので、初めての動画配信サービスにもピッタリですね。

利用料金 年間3900円、もしくは月間400円
動画本数 見放題動画数約10000本
会員数 推定200万~300万(2016年)
無料お試し期間 30日間


公式サイト⇒Amazonプライムビデオ

SNSでシェアする!