おすすめはどれ?!動画配信サービス(VOD)を徹底比較する!

皆さんは動画配信サービス(VOD)を使っていますか?

個性のあるサービスが出そろって、「そろそろどこかのサービスに登録しようかな?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、主要な各動画配信サービスを徹底比較
素早くチェックできるように一覧表多めでご紹介していきます。

あなたにピッタリのVODはどこでしょうか。

一覧で比較する!

それでは各動画配信サービスを一覧表でドーンと比較してみましょう。

※特に注目すべき項目を赤字にしています。

比較表 Amazonプライムビデオ hulu U-NEXT dTV auビデオパス
利用料金 年間3900円、もしくは月間400円 月額933円 月額1990円 月額500円 月額562円
動画本数 見放題動画数約10000本 約30000 約120000 約120000 約10000本
会員数 推定200万~300万(2016年) 2016年12月時点で約151万人 2015年時点で100万人以上 2016年500万人以上 2015年時点で100万人以上
無料お試し期間 30日間 14日間 31日間 31日間 30日間
画質 SD・HD HD HD・4K SD・HD・4K SD・HD
複数デバイスでの同時視聴 〇(同時に2台) × 〇(同時に4台) × ×
端末へのダウンロード ×
課金作品に使えるポイント 無し 課金作品自体が無し 毎月1日に1000ポイント dアカウントのポイントを使える 毎月540ポイント
オリジナルコンテンツ 有り 無し 有り 無し 有り
書籍コンテンツ 有り 無し 有り 無し 無し
比較表 TSUTAYA TV music.jp ビデオマーケット NETFLIX FOD
利用料金 月額933円 月額500円 月額500円~ 月額650円~ 月額888円
動画本数 約85000本 3万本以上 16万本以上 不明 不明
会員数 100万人以上(2015年5月時点) 不明 不明 世界で約7000万人 2017年80万人以上
無料お試し期間 30日間 30日間 入会初月無料 1か月 31日間
画質 SD・HD(端末による) HD 標準品質・高品質(HD) SD・HD・4K(プランによる) HD
複数デバイスでの同時視聴 〇(購入作品のみ2台) × × 〇(プランによる) ×
端末へのダウンロード × ×
課金作品に使えるポイント 毎月1080円相当 毎月動画3本分 毎月540ポイント 無し 毎月100円分
オリジナルコンテンツ 無し 無し 無し 有り 有り
書籍コンテンツ 無し 有り 無し 無し 有り

※現在の情報と異なる場合がありますので、最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

ツイートをリアルタイムに収集した、各人気動画配信サービスの評判はこちらのページでご覧いただけます。

VODそれぞれの特徴

それでは各動画配信サービスの特徴を見ていきましょう。

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオは、Amazonのプライム会員が受けられる数多くのサービスのうちのひとつです。

そうなんです、動画が見放題になるだけでなくAmazonでの買い物が便利になったり、100万曲以上の楽曲が聞き放題になったりします。

それだけのサービス内容でありながら年間3900円(1か月あたり325円)という圧倒的な低価格が魅力。

映画や海外ドラマをガンガン見たい!というヘビーユーザーの方には物足りないかもしれませんが、普通の人は十分満足できる内容になっているはずです。

もっと詳しく見てみる2

公式サイト⇒Amazonプライムビデオ

hulu

hulu

huluは月額933円という比較的低料金で動画が見放題になるサービスです。

特筆すべきは完全定額制ということ。

他の多くのサービスが月額利用料+作品による別途課金(主に新作や定番人気作)というシステムをとっているなか、huluでは配信されている全ての動画が見放題となっています。

最近サイトがリニューアルされて、直感的に操作しやすいインターフェースになったのも◎。

もっと詳しく見てみる2

公式サイト⇒Hulu

U-NEXT

U-NEXT_about

U-NEXTはとにかく動画配信数が多いのが特徴です。

日本発のサービスだけあって日本人好みの動画が多いのも特徴で、大の映画好きさん、ドラマ好きさんも満足できるサービス内容になっています。

月額1990円と他のサービスに比べて料金が高い部類に入るので、本当のヘビーユーザー向きといえるでしょう。

とにかくガンガン動画を見たい!という方にはおススメです。

もっと詳しく見てみる2

公式サイト⇒U-NEXT

dTV

dTV

ドコモ関連のdTVは月額500円という低価格が魅力。

Amazonプライムビデオもそうですが、自社で運営する他のサービスと連動させることができると料金が安く抑えられるようですね。

動画配信数も専門サービスに迫る勢いでラインナップされています。

インターフェースが少々使いづらく、動画のラインナップにもクセがありそうなのが(個人的に)悩みどころかな?!

もっと詳しく見てみる2

公式サイト⇒dTV

auビデオパス

auビデオパス

こちらも月額562円と低価格な動画配信サービスです。

個人的には動画の種類など痒いところに手が届くラインナップになっている気がします。

他のところではなかったけど、auビデオパスにはある!みたいな。

しかしauビデオパスを使うにあたって最大のハードルは携帯電話をauで契約していなければ使えないということ。

そんなレア?なサービスなのでauユーザーさんは一度検討してみる価値アリ?!

もっと詳しく見てみる2

公式サイト⇒auビデオパス

TSUTAYA TV

TSUTAYA
レンタルDVD/ブルーレイで最大手のTSUTAYAが運営する動画配信サービス。

月額利用料金や動画配信数などはなかなか使いやすい数字になってますが、その反面ちょっと特徴に欠けるかもしれません。

私的には、TSUTAYA TV単独で使うよりも、宅配レンタルのTSUTAYA DISCASとあわせて使うことで本領発揮!といった印象です。

なぜなら動画配信サービスで取り扱われない作品を、宅配レンタルでカバーできるから。

(例えばジブリ作品なんかはどの動画配信サービスでも見ることはできません。)

無料トライアルでTSUTAYA TVとTSUTAYA DISCASがセットになったプラン(なんと月額2417円相当)を試すことができます。

お得感も大きいので(継続するかは別として)一度は無料トライアルを使っておきたいサービスです。

もっと詳しく見てみる2

公式サイト⇒TSUTAYA DISCAS

music.jp

musicjp
意外かもしれませんが、音楽配信で有名なmusic.jpでも動画配信がはじまりました。

後述する「ビデオマーケット」というサービスとの提携によって実現したようです。

月額利用料金もリーズナブルなうえ毎月のポイントも多いので、なかなかのダークホース的存在になるかもしれません。

毎月動画3本分相当のポイントがもらえるのは、かなりお得なのではないでしょうか。

公式サイト⇒music.jp

ビデオマーケット

ビデオマーケット

動画配信数16万本という圧倒的なボリュームを誇るビデオマーケット。

国内のサービスとして、かなりの老舗です。

ただし数字だけ見るとすごく多いきがしますが、配信されている動画のうち見放題作品に絞ると2万本と少々さみしいのがネック。

月額500円のプランではこれらの見放題作品も見ることはできないので、用途に合わせてしっかりとプランを検討することが大切かもしれません。

ただやっぱり配信数はすごいので、「課金してでもいろんな動画を見たい!」というヘビーユーザーの方には魅力的なのでは?

公式サイト⇒ビデオマーケット

FOD(フジテレビオンデマンド)

フジテレビオンデマンド

その名のとおりフジテレビが運営する動画配信サービス。

いうまでもないですが、フジテレビ系列のドラマやアニメなどのラインナップが非常に豊富です。

ここでしか配信されていない動画も多いのが特徴。

過去の名作や新作などはもちろん、FODで配信するために制作されたオリジナル動画も多く、フジテレビファンの方には間違いなくおススメです。

もっと詳しく見てみる2

公式サイト⇒フジテレビオンデマンド

気になる項目で選ぶ!

VODを選ぶ猫

なんとなく各動画配信サービスの特徴がわかったところで、料金や動画配信数など気になる項目について優秀なVODを見てみましょう。

利用料金で選ぶ!

やっぱり気になるお金のこと。

一度使い始めたら毎月料金を支払っていくわけですからココはとっても重要ですよね。

■一番安いのはAmazonプライムビデオ

もうこれは圧倒的です。

年間3900円なので1か月当たりに換算すると325円

これほど安い動画配信サービスはありません!

料金だけ見ればAmazonプライムビデオ一択といえるほどの破格。

公式サイト⇒Amazonプライムビデオ

■定額制のhuluも魅力

「ガンガン映画やドラマが見たいから専門サービスで探したい!」

そんな方も多いことでしょう。

それならばhuluはいかがでしょうか。

huluは完全定額制なので、月額料金(933円)以上のお金はかかりません

一部の作品に別途課金が必要なのが一般的のなか、このシステムはとても安心ではないでしょうか。

公式サイト⇒Hulu

配信動画数で選ぶ

続いて配信されている動画の本数を見てみましょう。

■動画のラインナップならU-NEXT

数字的にいうと配信数120000本以上となっていますが、実際に使ってみて”いろんな動画があるなぁ”と思ったのもやっぱりU-NEXTでした。

配信されている動画が多いのはもちろん、そのバリエーションの豊かさにも驚かされます。

配信数が多くても、しょーもない動画ばかりなら意味ないですからね・・・。

月額1990円と他のサービスに比べて割高ですが、ヘビーユーザーの方にとっては少々高い利用料も気にならないかもしれませんね。

公式サイト⇒U-NEXT

他の項目で選ぶ

ここからはちょっと駆け足で。

その他の項目についてもチェックしておきましょう。

■高画質4K対応

できるだけ高画質で見たいこだわりのあなたに。

  • U-NEXT
  • dTV

■端末へのダウンロード

オフラインで見られれば出先でも動画を楽しめます。

  • Amazonプライムビデオ
  • U-NEXT
  • dTV
  • auビデオパス

■オリジナルコンテンツ

ここでしか見られない特別な動画を見たいなら。

  • Amazonプライムビデオ
  • U-NEXT
  • auビデオパス
  • フジテレビオンデマンド

■複数端末での同時視聴

家族みんなで使えば一人当たりの料金がお得に感じられますね。

  • Amazonプライムビデオ
  • U-NEXT

■無料お試し期間

は、どの動画配信サービスも用意してくれてます!

気軽にいろんなサービスを試してみて、ちゃんと自分にあったところを選べますね!

最後に個人的なおススメを

このように今はいろんな動画配信サービスがありますし、それぞれに特徴があるので、ご自身の使い方にあわせて選ぶのがいいですね。

私個人的に一番しっくり来たのはAmazonプライムビデオでした。

  • それほどガッツリと見たいわけではない(というかそんな時間的余裕がない)
  • レンタルビデオ店に出向く時間を節約したい
  • 自分が忙しい時に子どもに何か動画を見せたい
  • 空いた時間にちょこっと映画を見たい

このように思い切りライトユーザーな私は、利用料金も安く、付帯するサービスも豊富なAmazonプライムがピッタリでした。

同じような状況の方は、ぜひ一度無料会員登録してAmazonプライムビデオを試してみてください。


公式サイト⇒Amazonプライムビデオ

そしてAmazonプライムビデオと併用しているのがU-NEXT

月額1990円と少しお高いサービスですが、動画配信数はやっぱり多いように思います。

なので私は子供が夏休みなどの長期休校のときに再登録、学校が始まったら解約というサイクルで使ってます。

簡単に解約と再登録ができるのも動画配信サービスのメリットです。

その辺の私の実体験はこちらのページにまとめています。

⇒U-NEXTの無料トライアルを使ってみた感想と解約方法

これなら「動画を見る時間がなくて何か損した気分!」なんてこともなくて気持ちも穏やかに。(笑)

内容は高クォリティなので、31日間という長い無料トライアル期間を利用して、ぜひ一度試してみてもらいたい動画配信サービスです。

公式サイト⇒U-NEXT