アンパンマンの映画は何歳から楽しめる?

子どもと映画館デビュー。

そんな時にはアンパンマンの劇場版映画がピッタリです。

そういう我が家もはじめての映画館体験はアンパンマンでした。

同じように子供さんとの映画館デビューを考えているママたちのために、いろんな情報をまとめてみましたよ。

何歳から有料?

アンパンマンの映画を見るということは、子ども・・・というより幼児期のお子さんと一緒に行きたいのではないでしょうか。

そうすると頭をよぎるのが「あっ、もしかして幼児は無料?!」ということ。

確かに、映画館をはじめ遊園地やレジャー施設などは未就学児は無料ですよね。

それではアンパンマン映画は?というと、

有料です!

まぁそうですよね。(苦笑)

ターゲットになる年齢層がそのあたりなのは明白なので、さすがに無料にするわけにはいかないでしょう。。

正確にいうと、2歳以上は有料となります。

たしかアンパンマンミュージアムと同じですね。

・・・と思ったら、アンパンマンこどもミュージアムはこども1歳から有料でした。(汗)

(1歳以上) 1500円(税込)*記念品つき*
出展:アンパンマンこどもミュージアム料金表

それじゃ2歳以上の料金は?

2歳以上は小学生以下の子供料金と同様なので、通常料金は1000円(本記事執筆時)となっています。

ちなみに大人は1800円。

定番ですが、前売り券を購入するとさらに安くなります。

  • 大人:1400円
  • 子ども:900円
  • 親子ペア券:2200円

(本記事執筆時)

さらに特典もついてくるので、これはぜひゲットしておきたいですね。

上映時間は何分?

「長い時間子どもが見てられるかな?」と心配になってしまう上映時間は、60分前後となっています。

ちょうどいい長さですね。

我が家では妖怪ウォッチも見に行ったことがあるんですが、100分ほどと普通の映画と変わらない長さなので、途中で大変なことになりました。(汗)

最初はおとなしく見ていたのですが、やはり1時間くらい経ったころからモゾモゾしはじめたので、アンパンマンの映画くらいの長さがバッチリだと思います。

アンパンマンも応援してくれてる!

いろいろと心配になる子供の映画館デビューですが、なんとアンパンマンも小さい子の映画館デビューを応援してくれてます!

公式サイトではこのように案内してくれてますよ。

照明や音量を調整してくれる

初めての子供が楽しめるように音量や照明を調整してくれるそうです。

多分大きな音で驚かないようにしてくれたり、足元が見えるように照明が明るくなるんでしょう。

アンパンマン音頭を放映

映画冒頭にアンパンマン音頭を放映してくれるそうです。

お馴染みの映像で体を動かせば、初めての緊張もほぐれそうですね。

メモリアルカードがもらえる

先着順にはなりますが、写真やメッセージを残せるメモリアルカードが貰えるそうです。

0歳から小学生以下限定配布とのこと。

ということは0歳の乳幼児が来場することも想定しているんですね。すごい!

過去の映画は動画配信サービスで!

映画はアニメシリーズよりもストーリーが濃いので、一度見たらお子さんもハマってしまうかもしれませんね。

そんな時は遡って過去の映画を見たくなると思いますが、そんな時は動画配信サービスが便利です。

いちいちリアル店舗まで借りに行って返却する、という手間がないので忙しいママにはピッタリのサービスです。

手軽に見たいならdTV

dTVは月額500円と驚くほどの低価格。

月に数本DVDをレンタルしてしまえばアッという間にこの位の金額にはなりますので、過去の劇場版映画をたっぷり見たい方にはかなりお得なのではないでしょうか。



公式サイト⇒dTV

定額制で安心のhulu

月額933円と、さきほどのdTVよりは少し料金が上がってしまいますが、一般的な動画配信サービスとの決定的な違いが完全定額制ということ。

他のサービスでは新作や定番人気作は月額利用料の他に別途課金が必要な場合がほとんどなんです。

アンパンマン以外の映画やアニメも楽しみたい、けどそんなにたくさんお金をかけたくない、という方にちょうどいいサービスがhuluなんです。



公式サイト⇒Hulu

動画配信サービスの決定版、U-NEXT

親も子どもも思いっ切り動画を楽しみたい!という方におススメなのはU-NEXT。

月額1990円と高額な部類に入りますが、配信動画数の多さと新作配信のスピードは凄いです。

映画好きを自負するなら迷わずU-NEXTです!

・・・が、とりあえずの目的がアンパンマンの映画ならば、ちょっとオーバースペックかな?(苦笑)



公式サイト⇒U-NEXT

SNSでシェアする!